mineoの3日間のデータ通信量の上限はあるの?

mineoの3日間のデータ通信量の上限はあるの?

 

 

格安SIMの人気サービスのひとつであるmineoですが日常での使いやすさはどうでしょうか。
格安SIMを利用する上でひとつの目安となるのが3日間のデータ通信量上限です。

 

 

この3日間のデータ通信上限が厳しい格安SIMキャリアはそれだけ
3日間で利用できるデータ通信量が少なくなり、すぐに通信制限にかかってしまいます。

 

ではmineoの3日間のデータ通信上限はどうでしょうか。
mineoの3日間のデータ通信上限についてご紹介します。

 

 

mineoでのMNP利用の申し込み手順解説!【画像付き】【mineoでのMNP利用の申し込み手順解説!【画像付き】】

 

\mineoのお得なキャンペーンはこちら/

【mineoMNP】mineoへのMNP申し込み手順解説!キャンペーン利用でお得にMNP転入しよう!



トップへもどる

mineoの3日間のデータ通信上限はかなり甘い

 

 

mineoが提供している格安SIMサービスの3日間のデータ通信上限は
プランごとに3日間のデータ通信上限が変わります

 

mineoではdocomo回線を利用したDプラン、au回線を利用したAプランが利用でき、
docomo回線を利用したDプランでは3日間のデータ通信上限無し
au回線を利用したAプランでは3日間で6GBのデータ通信上限となっています。

 

 

実質3日間のデータ通信上限が設定されているのはau回線を利用したAプランのみとなっています。
そのAプランも3日間で6GBとかなりの量のデータ通信が可能となっています。

 

 

mineoではDプラン、Aプラン両方で選べるデータ通信量プランは同じとなっており
500MB、1GB、3GB、6GB、10GBの5種類となっています。

 

Dプランでは3日間のデータ通信上限が存在しないため
Aプランのみ3日間のデータ通信上限を気にしなければなりません。

 

 

しかしAプランでも3日間で6GBもデータ通信上限がある為、
最大の10GBプランでプラン最大にデータ繰り越しサービスを利用したとしても20GBのデータ通信量となります。

 

Aプランでは1日当たり2GBのデータ利用が可能となっているので
実質10日間で20GBものデータ通信を行うペースでようやく3日間のデータ通信上限を気にするレベルとなっています。

 

つまりmineoではAプランで3日間のデータ通信上限が設定されてはいるものの
3日間のデータ通信上限にかかるほどのデータ通信を行った場合はすでに月当たりのプランのデータ通信量も厳しい状態になっているため
繰り越しサービスを最大限利用した場合でも3日間のデータ通信量を気にする必要はないという事です。

 

 

Aプランでの3日間のデータ通信上限が気になるときはすでに
月当たりのプランのデータ通信上限が近づいているという状態ですからね。

 

mineoでは月のデータ通信プラン内でデータ通信を利用する事をしっかりと考えていれば
3日間のデータ通信上限は気にする必要は全く無いといってよいでしょう。

 

 

 

mineoの申し込みはこちら

 

 

関連ページ

mineoの通信エリアはどうなの?
mineoではMNPが利用できる格安SIMキャリアとして人気のサービスですが通信エリアもとても優秀となります。mineoはdocomo回線を利用したDプランとau回線を利用したAプランが用意されています。mineoの通信エリアはプランごとに変わってくるので注意が必要となります。mineoの通信エリアについてご紹介します。
mineo(マイネオ)で端末セットを申し込むならこの機種がおすすめ!
mineoでMNPを利用して申し込みをする場合、SIMのみ申し込みをする方法と端末セットでの申し込みが選択できます。このエントリーでは端末セットで申し込みを行う場合のおすすめ端末をご紹介します。