mineoの通信エリアはどうなの?

mineoの通信エリアはどうなの?

 

 

mineoではdocomo回線を利用したDプランとau回線を利用したAプランがあり、
それぞれのプランで通信エリアが変わってきます。

 

 

docomo回線を利用したDプランでの通信エリアはdocomoと同じとなります。
またau回線を利用したAプランではauと同じ通信エリアとなります。

 

 

mineoの通信エリアについてまとめてみると
mineoが提供するDプラン、Aプランでは回線を提供する大手キャリアが違えど
その通信エリアは大手キャリアとまったく同じとなります。

 

 

特にdocomo回線では山間部や海辺などにも電波が届きLTE回線の人口カバー率は99%を超えています。

 

またそれ以外の通信エリアについても最大14Mbpsで通信が可能なFOMAハイスピードエリアが対応しているので
レジャーやよく旅行などをされる方はDプランがdocomoと同じ通信エリアとなるので圏外の心配が少なくなります。

 

 

mineoでのMNP利用の申し込み手順解説!【画像付き】【mineoでのMNP利用の申し込み手順解説!【画像付き】】

 

 

 

au回線を利用したAプランではauと同じ通信エリアとなり
auの通信エリアもdocomoと同じく人口カバー率99%を超えています。
au回線を利用したAプランであっても通信エリアや圏外の心配はほとんどないといってよいでしょう。

 

通信エリアの広さについてはdocomo回線を利用したDプランの方がAプランよりも若干優秀となっています。

 

 

mineoでは大手キャリアと比べて月額料金が1/3、1/4となる月額料金で利用できます。

 

現在大手キャリアでは平均月額料金が7000円とも言われていますが
mineoを利用すれば月額2000円台でスマートフォンのデータ通信を利用する事ができます。

 

 

これだけ安い月額料金ながら通信エリアは大手キャリアと同じなので
mineoの通信エリアが心配な方は圏外の心配はほとんどないので安心してくださいね。

 

 

ただ、通信エリアは大手キャリア並みとなっても通信速度は大手キャリアほどではありません

 

特にお昼の時間帯の通信速度は1Mbps程度に落ちてしまうので
mineoを利用される予定の方はお昼の通信速度のが低下してしまう事は
しっかりと覚えておく必要があるでしょう。

 

 

お昼の通信速度の低下を避けたい場合はmineoの独自プランである
プレミアムコースなどの利用も視野に入れておいてくださいね。

 

mineoのプレミアムコースならお昼の時間帯でも10Mbps程度の
通信速度で利用できるのでとても快適な通信環境となりますよ。

 

 

 

 

mineoの申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

関連ページ

mineoの3日間のデータ通信量の上限はあるの?
mineoではMNPを利用した今、お使いの電話番号をそのまま利用できる格安SIMキャリアとして人気のサービスとなっています。しかしmineoへの転入はとても簡単に行えますが日常の使いやすさはどうでしょうか。格安SIMの日常の使いやすさの目安となるのが通信速度と3日間のデータ通信上限の設定です。その中でもmineoの3日間のデータ通信上限についてご紹介します。
mineo(マイネオ)で端末セットを申し込むならこの機種がおすすめ!
mineoでMNPを利用して申し込みをする場合、SIMのみ申し込みをする方法と端末セットでの申し込みが選択できます。このエントリーでは端末セットで申し込みを行う場合のおすすめ端末をご紹介します。